テニスにおける成功条件!?


松島徹氏が運営されている「kids-tennis.com」は、私個人としては、常に確認する数少ないブログです。選手の立場、コーチの立場、そして親の立場を独自の視点で鋭く指摘している数少ないブログだと考えているから。全てを取り上げていったきりが無いような気もしますが。

昨日公開された投稿記事、「kids-tennis.com::大成条件」もかなりインパクトがありますので、重要な内容を引用しておきましょう。

さて昨日のナダル君の番組の反応から。
テニス選手として大成するには色んな条件が揃っていないと難しいわけですが、ざっと整理すると以下のようなことがいえるでしょう。逆に言えば、ナダル君のようにどんな田舎でもこの条件さえ揃えば可能性はあると言うこと。

  1. テニスという競技の才能
  2. 保護者の経済力
  3. 保護者の理解
  4. いつでもテニスができるコート環境
  5. よい指導者
  6. 長期間にわたって適切な目標を定め、全体をプロデュースできる人間

如何でしょう・・・気になりますよね。私個人として、「才能」というのがちょっと気になっています。生まれながらにして持った「才能」なんてありえない、と主張している最近の書籍の方が説得力があります。「才能」とは、努力の結果、身についてくるものである、と言うことですから、ここで言っている「才能」も同じものであるとなると、まったく異論がありません。

保護者の経済力と理解・・・直接、「親」の私に課せられた内容ですが、いったいどれ位の経済力が必要なんでしょう。一時、あるコーチから「世界で戦うことを考えているなら年間最低でも500万円、可能であれば1500万円準備して下さい」と主張されて、思わず笑ってしまいました。当然、私が準備できる金額を大きく超えていましたから・・・ただ、間違いなく数百万円を年間で費やす覚悟は必要でしょう。「できるだけお金を使わずに・・・」なんてことは考えない方が良い!

テニスコート・・・これが日本では一番大変かもしれません。テニスクラブに所属している場合は良いのですが、レッスンプロからプライベートレッスンを受講しようと考えととたんに自由に練習できるコートの確保が難しくなります。「本コートでの営業行為を厳禁する」となっているコート、結構多いんですよね!最近特に感じていることは、テニスで大成するためには、絶対にプライベートレッスンが必要です。当然、テニスクラブで実践されているグループレッスンは必要ですが、それだけでは不十分、と言うのが私の主張です。そのためにも、テニスコートの確保は、重要な成功条件でしょうね・・・

よい指導者・・・最後の「長期間にわたって適切な目標を定め、全体をプロデュースできる人間」というのは、よい指導者であれば、その指導者が一部を担当してくれるのではないでしょうか。このよい指導者と言うのは、徹底して探す必要があるでしょう。そういう意味では、「親」の責任もあると考えています。

少なくとも、大成するための一歩は、選手本人・コーチ(指導者)・親の3者いったいの行動が必要です。どれ一つ欠けては成功はありません。コーチ任せでもいけないし、親が出すぎてもいけない・・・ジュニア選手にそこまでするか・・・と考えている内は、体制はないと考えて方が良い。選手に意見を聞くことは重要ですが、選手の言いなりになってもいけない。3者のバランスが重要だと考えています。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *