テニス界という共同体


最近、完全にはまっている Twitter ですが、先日、茂木健一郎氏の実践されている「連ツイ」を自分でやってみました!(詳細は、本投稿記事、「茂木健一郎氏の「連続ツイッター::連ツイ」の方法」参照下さい)

テーマは、以前、読んだ本に記述されていた「共同体」に関する考え方をテニス界へ適用!?しようといった内容です。まずは、その「連ツイ」をば引用しておきます。

(出典:「Twilog::Zero Cool(@zerochacool)/2010年09月26日」より)

  • 共同体(1) 以前、内田樹氏の書籍の中で、「ある共同体の発展は、共同体の外にいる者が認めてくれることが必要」と記述していたことを記憶している。つまり、第三者がその共同体を認めなければ、その発展は望めない、ということであると理解している。 posted at 06:58:15
  • 共同体(2) 共同体の中の人達が、どんなに素晴らしいものと判断したところで、それはマスターベーションである。共同体の発展を望むなら、共同体の外にいる者を意識した活動が必要であり、第三書の賛同が必要である。 posted at 07:00:50
  • 共同体(3) 内田樹氏の共同体に関する指摘をテニス界に転じて考えると、反省点が見えてくる。テニス界は、「テニスを発展させたい」という考えを持っている者達の集団、即ち「共同体」なのである。そんな共同体の中にいる我々は、その発展のためには、第三者の賛同を得るように行動する必要がある。 posted at 07:06:31
  • 共同体(4) テニス界から見ての第三者とは、テニスをしていない人達、団体等である。そうした連中の賛同を得ることがテニス界の発展を支える、ということをもっと自覚する必要がある。 posted at 07:10:35
  • 共同体(5) テニスに関係している選手、保護者、コーチ、テニス団体等がどんなに素晴らしいと判断してもそれはテニス界の発展には繋がらないのである。そうではなくて、第三者、それもできるだけテニス界という共同体から離れたところにいる者達の賛同を得るような努力が必要である。 posted at 07:12:20
  • 共同体(6) 「それがテニスだから・・・」、「テニスは特別だから・・・」、「それではテニスが・・・」と第三者に対して、我々テニス界は、第三者に対して「テニスは特別である」ことをどんなに説明しても、第三者の賛同得られないだろう。即ち、テニスの発展は望めない。 posted at 07:16:08
  • 共同体(7) テニス界は、我々は他の共同体と比べて、何が特別なのか、何が必要なのか、何が欠けているのかを真剣に考えて、それをどうやって解決していくのかを第三者の指導を仰がなければならない時期にきている。それを実行しなければ、テニス界という共同体の将来はなくなってしまうだろう。 posted at 07:18:45

結構頑張って連ツイしたけど・・・本当に、簡単にスラスラと出てくるものではないんですよね・・・今後も、脳トレと思って連ツイしていこうかな・・・なんて考えていますが。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *