RSSリーダーが無くなる!?そりゃ困る・・・


「Twitter」で発見した投稿記事、「あすなろBLOG::もうRSSリーダーで情報収集するのは時代遅れなのか?」の内容が衝撃的でした・・・

ここ最近、RSSリーダーサービスのサービス終了が続いている。6月にははてなRSSが終了し、フレッシュリーダーも開発が終了した。また最近では、オンライン型のRSSリーダの草分け的存在であったBloglinesもサービス終了を決めている。

「RSSリーダー」としては、私は「フレッシュリーダー」を愛用していて、レンタルサーバーに導入していて、どこでも閲覧できるようにしているのですが・・・そのサービスが中止になってしまう・・・どうして!?どうやら理由は以下のようですが・・・

なぜRSSリーダが情報収集のメインツールで無くなったのだろうか? それは、RSSリーダを使わなくても情報を収集できる方法が出てきたからだろう。例えば、Twitterなどのソーシャルメディアがそれだ。

えっ!?そういうことですか。ただ、「Twitter」でメジャーなニュースを拾ってくることはできるでしょうけど、本サイトのようなニッチな分野での情報収集は、「Twitter」では難しい、というのが本音です。上記の投稿記事では、以下のようにも記述されています。

Twitterだけではない。Facebookの「いいね!ボタン」、mixiの「mixiチェック」、GREEの「いいね ボタン」などの各種ソーシャルメディアに広がってきている。何かしらの面白い情報や自分と関係のある情報は、自分が登録した「RSSフィード」では無く「他人」から得られる機会も多くなっている。

これって本当かな!?できれば、間違っていて欲しい・・・個人で運営しているブログの情報などは、「Twitter」では拾ってこれないし、更には Facebook や GREE では、情報量が少なすぎる・・・特にテニス関連の情報なんて・・・

個人的には、フレッシュリーダの開発がストップするのであれば、別の RSSリーダーに乗り換えるべく、別のサービスを探さなくては・・・なんといっても、現在確認しているブログの RSS 登録は、300弱にもなるし、ほとんど確認はしているし、ニッチなフィールドだし・・・生き残れ、RSSリーダ!

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *