サービスの重要性を認識すること!


「US オープン 2010」も残すところ男子決勝のみとなりましたね!フェデラーが準決勝で敗退となったので、個人的にはちょっと興味が薄れてしまいましたが、それでもテニスファンとしては、結果が気になります。

さて、「US オープン」の女子は、「Kim Clijsters::キム・クライシュテルス」選手の2連覇で幕を閉じましたが、アメリカでは、やはり昨年活躍の「Melanie Oudin::メラニー・オーディン メラニー・ウダン」[1]選手に注目が集まったようですが、残念ながら2回戦で敗退・・・そうしたオーディン選手の試合を分析した記事があります。ちょっと引用してみましょう。

She had committed 38 unforced errors while striking nine winners, including one ace. Although she had only one double fault, Oudin won 49% of her first-serve points and a woeful 32% of her second-serve points. Bondarenko, by comparison, won 53% of first-serve points and an incredible 63% of second-serve points, demonstrating the importance of serving, even though neither player has a particularly big or effective serve.

(中略)

But the statistics from this match point to a painful truth: Oudin, ranked No. 43, must learn to serve to become a Top 30 player on the tour. Although it may sound like a formidable task, other players — most notably Elena Dementieva — have overcome flawed serving motions. Oudin has a superb coach in Brian de Villiers. Most important, she has the heart and desire to put in the work.

(Resource: “NYTimes.com::Oudin Falls Short at U.S. Open Against Bondarenko“)

簡単に言ってしまえば、「WTA Top 30 に入るためには、オーディン選手はそのためのサーブを習得せよ」と言っているのですが、こうして統計分析を通して、何を向上させなければいけないかを指摘されている間は良いのでしょうね!

プロフェッショナルでさえ、勝つためのサーブを習得せよと指摘されているわけですから、ジュニア選手は、もっともっとサーブを重要視した方がいいのかもしれません。と言うより、我が娘、ダブルフォルトが多過ぎるし!サーブの調子で、その試合のメンタル面でも影響があるようでは、まだまだですね!

PDF File「NYTimes::Oudin Falls Short at U.S. Open Against Bondarenko」
印刷用
(PDFファイル)

脚注:[1] メラニー・ウダン
本投稿記事公開時、「Melanie Oudin::メラニー・オーディン」と表記しましたが、正しくは、メラニー・ウダンだそうです。コメント欄に記載されていますが、「亀の子iwa」さんより以下のご指摘を頂きました。

「昨年の全米等で本人がインタビューで「メラニー・ウダン(ウーダン)」と呼んでほしいと世界中のメディアに話し、以来テレビ、雑誌・新聞等では、メラニー・ウダンという発音・表記が一般的

本投稿記事も、上記に従って、本文中の表記を訂正致しました。

月間アクセスランキング
2010年
6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
Ranking

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

4 comments

  1. Zero Cool より:

    jayjaysさん
    コメント有難うございます。サーブは、どうも日本では軽く見られているような気がしますが・・・特に、学校テニス(中学や高校)では、そんな感じがしてなりません。最も自分一人でも練習できるはずのサーブなんですけどね~日本選手(特にジュニア)には自覚して欲しいと願っています・・・

    今後とも宜しくです。

  2. jayjays より:

    こんばんは。情報満載のブログで、大変勉強になります。私もサーブは本当に重要だと思います。子供にも練習をさせていますが、なかなか安定しないですね。フェデラーもあるインタビューで「ゲームの組み立ての中で、いちばん重要なショットは?」と聞かれたとき「セカンドサーブ」と答えています。セカンドサーブが比較的攻撃的に安定して使えれば、有利にゲームを進められるということのようです(まああの「フェデラー」のコメントですが)。またコメント(あるいはツイート)させていただきます。 jayjays

  3. Zero Cool より:

    亀の子iwaさん
    お久し振りです・・・精力的といえるか解りませんが・・・笑)ただ、なんとなくテニスが解ってきたような気がしますが、まだまだのようですね!「ウダン」に関しては知りませんでしたから。汗)選手の正式日本語名って、誰が決めるんでしょう・・・どこもかしこも「オーディン」のようで。情報有難うございました。

    追伸:そろそろ、進学のことが気になり出しているのでは!??

  4. 亀の子iwa より:

    9月になってもまだまだ暑い日が続いていますが、Zero Coolさんは相変わらず精力的にブログ等を発信されていますね。スゴイ。
    それにNYTIMESのテニス記事など新情報もいっぱいで・・・んん、なるほどと頷いております。
    ホント、サービスの重要性が見逃されているはどこも一緒ですよね。体格的に強いサーブが打てないなら、
    色々な種類のサーブを自分の思い通りのところへいつでも打てるくらいの練習をしてくれるといいんですけどね。
    そうそうもう高校では新人戦も開始で、また新しい1年の始まりですね。

    それとMelanie Oudin::メラニー・オーディンは、昨年の全米等で本人がインタビューで「メラニー・ウダン(ウーダン)」
    と呼んでほしいと世界中のメディアに話し、以来テレビ、雑誌・新聞等では、メラニー・ウダンという発音・表記が
    一般的です。(父親がフランス系アメリカ人だそうです)

    (参考:「Wikipedia::メラニー・ウダン」より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *