良い試合を観戦してミラーニューロンを活性化する!


仕事の関係で、渡米して結局は7年以上もアメリカに滞在していましたが、その時に、プロバスケットボール、NBA 観戦にはまったのは、以前私がバスケットボールをやっていたことを知っている方々には、改めて説明する必要は無いと思いますが。ちょっと異常なほど(現地のアメリカ人からも、You are crazy on NBA. と表現されたほど・・・)でした。

当然、試合会場まで行って観戦することは当たり前ですが、自宅でもケーブルテレビで、試合前から全ての自分の作業(残仕事やシャワー等々)を完了して、NBA のテレビ放送にかじりついていました・・・そして、観戦しているだけで「くたくたに疲れてしまう」という経験をしてきました。観戦しているだけで、疲れてしまう・・・不思議でしたが、今はこの状況に科学的に納得しています!

NBA のテレビ観戦で、「ミラーニューロン」が活性化していた!つまり、身体的にバスケットボールを実践していなくても、脳内ではバスケットボールを実践していた!心理学を勉強し始めて、ちょっと統計的な分析に飽きてきて、脳科学を勉強して発見した驚くべき事実!この「ミラーニューロン」に関して、解り易い内容が内田樹氏のブログにおいて、「内田樹の研究室::団体行動のすすめ」として公開されましたのでご紹介。

先日の演武会をご覧になった方は気づかれたであろうが、初心者と上級者の違いは、「ポジショニング」にまず表れる。演武をする畳のどの位置に座るかは畳の広さと演武者の数から、自動的に決まる。しかし、初心者はどこに行けばいいのかわからず、なんとなく前の人についてゆくので、しばしば「だま」になってしまう。演武が終わったあとも、どこに戻ればいいのかがわからず、最初と違う位置に座ってしまう人がいる(これは上級者にも散見されるが)。これは「スキャン」ができていない、ということを意味している。

「スキャン」というのはつねづね申し上げているように、「自分を含む風景を上空から俯瞰する想像的視座」に立つ能力である。ボールゲームの場合であれば、どこにスペースがあるのか、どこにディフェンスの穴があるのか、どこに味方のサポートがあるのかを上空から俯瞰して、逡巡せずにその最適動線を走るためには「スキャンする力」が不可欠であることは誰にもわかる。

ここまでは、良いですよね!実は、バスケットボールをやっているとある瞬間、全体がパッと見えるような(まるで、もう一人の自分が自分に指示を出すような・・・)瞬間を感じることがありました。幽体離脱・・・脳科学の世界でも、アスリートの幽体離脱経験は実証されているそうですが、正にそうした能力です。投稿記事は続きます。

問題は「スキャンする力」はどうやれば涵養されるかである。これについても何度も書いた。「スキャンする力」は「ミラーニューロンの活性化」と相関する。他人が何か動作をしているときに、私たちの脳内でも、その動作をするときに必要なニューロンが発火している。ただし動作としては出力しない。脳内で「シミュレーション」だけが行われる。シミュレーションした動作を「出力」回路に繋げると、見たのと同じ動作が再現される。

つまり、他人がやっていることをみているだけで、自分がやっているときに活性化するのに必要な脳の働きが生じる、ということです。

「見取り稽古」というのは、すぐれた術者の動きをただ見ているだけの稽古のことであるが、これはなまじばたばた走り回って大汗かいて稽古するよりもはるかに術技の上達に資する。怪我をすると稽古を休んでしまう者がいるが、本当は怪我をしているときに黙って稽古を見ているというのはきわめて効果的な稽古なのである。

とにかく、そうやって他人の動きを熟視して、脳内でシミュレーションをしていると、何が起きるかというと、「他人の身体に仮想的に入り込んでしまう」ということが起きる。なにしろ自分の脳内では、他人の動作がニューロンレベルでは再現されているので、「まるで自分自身が動いているみたい」に感じられるのは原理的には当たり前のことなのである。

どうですか?科学的に立証されている・・・上記のことは、テニスだってまったく同じことが言えますよね。「良い試合を観戦することで、自分のミラーニューロンを活性化し、大汗をかいて練習すること以上に向上することができる・・・」ということがいえる!重要なことは、「良い試合を観戦すること」です。自分が対戦するような同じようなレベルの選手の試合をみるよりは、上位の選手が登場するより上のラウンドや大会を観戦すること・・・それも立派な練習なんですよね!

合わせて読みたいかも・・・

    本投稿記事に関連した公開記事はありません。


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *