茂木健一郎氏の「連続ツイッター::連ツイ」の方法


本ブログで、ちょっとテニスにも応用できそうな茂木健一郎氏の「連続ツイッター」、通称「連ツイ」を何度か掲載しました。ちょっとそれをリストすると・・・(本投稿記事を公開後も、引用させて頂く「連ツイ」は増えていくと思いますが・・・)

やっぱり見識がありますよね~何度でも読み返したい内容です。それにしても、この「連ツイ」どうやっているのかな、と思っていたのですが、その内容が公開されていました!「茂木健一郎 クオリア日記::連続ツイートについて。」がそれ。これまた引用しておきましょう。

インターネット上の新しいメディアは、その使い方を模索しているうちにどんどん次の展開が見えてくる。ツイッターもそうであった。140文字制限が、簡約表現を旨とする日本語に適していたこともあって、まだまだツイッターの「のびしろ」の限界は見えない。

そうそう・・・どうやら英語よりも日本語の方が使い易い。私も、自分の「Twitter」では、日本語も英語も公開していますが、英語の140文字は、本当に大変です・・・日本語の方が圧倒的に「要約」をつぶやけます。上記の記事はまだまだ続きます。

このところやっているのが「連続ツイート」(「連ツイ」)である。毎日、テーマを決めて、だいたい10項目くらいの内容をツイートする。その際、(1)、(2)、(3)、・・・・と番号を振っていく。

(中略)

よく、書きためてから流し込んでいるのではないかと思っている方がいるが、そうではなく、テーマだけ決めて、リアルタイムで(1)、(2)、(3)・・・と書いていく。各項目の内容も、項目数も決めていない。その場で、即興で書いていく。

即興と言っても、実際には、熟成した何かがその日の「連ツイ」のテーマとして無意識の中から浮かび上がってくるのだろう。

如何でしょう・・・読まれない私の「Twitter」で連ツイでもやってみようかな・・・ちょっとした頭の体操になりそうだけど。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *