ダブルスで4年振りの優勝・・・そして「テニスのコツ」!?


20100815_Won_doubles2試合三昧、レッスン三昧、トレーニング三昧・・・これが娘の日課です。「全日本テニス選手権」で賑わっている周囲を横目に、いつものようにマイペースな娘ですが、大会へのエントリーは、民間団体主催のジュニア大会や一般の大会へのシングルス・ダブルスでの参戦ですから、ほとんど毎日・・・更に、試合後はレッスンへ参加して、更にはトレーニングまでこなしています。当たり前といえば当たり前なのですが。

そうした日課をこなしている娘ですが、先日開催された「第26回関東ジュニアテニスツアー(TTC大会)」のダブルスで優勝しました。パートナーは、同じ高校に通う同級生。関東選抜、全国選抜でもペアーを組みましたが、もともと「14歳以下」という年齢区分時にペアーを組んでいた友人です。そう意味では、復活のペアということになるんでしょうか。我が娘のダブルス優勝は、中学2年生の時の「千葉県中学生テニス大会」以来ですから、なんと4年振りの優勝です!

もともとダブルスでは、そこそこの戦績をあげている娘ですが、今大会の優勝は、一味も二味も違っていました。これまでのダブルスは、パートナーに頼っているところがあって、パートナーが調子が良ければ、自分も波に乗る、といったパターンが多かった・・・自ら試合をひっくり返すようなパワーはなかったように思います。ネットプレーは、そこそこですが、やっぱりストロークでミスが多くパートナーに迷惑をかけるという場面が多かった・・・と思っています。

ところが・・・今大会は違っていた!

準々決勝、準決勝、決勝とストロークが良い・・・こんなことがあったでしょうか。クロスラリーを繰り返し、ダウン・ザ・ラインへ強烈なストロークを決める、といった場面を多々見ることができました。「あ~決められたな・・・」といった対戦相手のストロークも、「えっ!?追いつけたの??」といった場面も多かった。特に決勝戦では、長いラリーで対戦相手が並行陣へ切り替えた瞬間を突いてのロブで後方へエース・・・こんな場面は、これまで見たことがありませんでした。それこそ、「別人のようなストロークの安定性」を維持しての優勝、といった感じでした。

試合後、「ストローク、どうしちゃったの?」と娘に質問をすると・・・(質問の仕方が悪いな、と反省しましたが・・・)

「なんかね、テニスのコツを掴んだような気がする・・・」

どうやら試合中の「視点」を大幅に変更した様子。実際には、何をどう変更したのかは私には認識できませんでしたが、本人が「テニスのコツを掴んだような気」になっているのですからよしとするしかないでしょう。今後次第ですが・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *