サーブゲームの入り方


我が娘、最近のファーストサーブの確率は、酷いものです。数字を公開できるようなレベルではありません。私個人としては、サーブだけは、たった一人でもかなり実践に近い練習ができると信じていますから、「ファーストサーブ」の確立が悪いのは、練習不足としか言いようが無いと思うのですが。まずは、ファーストサーブが相手コートに入らないと・・・プロの世界では、「入っただけ」では、勝負にならないのでしょう。

そうした厳しい世界に関して、「寺地貴弘 公式ブログ::1回戦」が興味深いですね!奈良くるみ選手の試合結果を振り返っています。

サーブゲームのゲームメイクに二人の勝敗の「差」があったかと思います。

キリレンコ選手は大事なところでしっかりとファーストサーブが入り、次のショットでコーナーに追い込んでくるのに対し、奈良の場合はファーストサーブが入らず、セカンドサーブで相手にリターンをたたかれる展開からのスタートになる為、どうしてもビハインドになりがち。

それだけの「差」に感じますが、その差が試合を左右してしまうのです。

きっと、プロ選手は、サーブの後の次のショットも念頭に置いてサーブゲームを展開するのでしょうね。いわゆる予測して、サーブを放つ。または、サーブから、サービスリターンを誘導する。つまり、狙った通りにリターンさせる・・・流石にプロの世界は厳しい・・・はず。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *