「非デザイナーのためのデザイン基本テクニック」が良い!


私、デザイナーでもなければ、ウェブプログラミングを知っているわけでもない・・・ただ、ちょっとだけブログに興味があって、どちらかと言うと趣味でブログ運営をしている、というのが正しいでしょう。それでも、ちょっとはデザインに拘っている(これでも、拘っている!)

そんな「非デザイナー」にはとても参考になる情報をキャッチ。自分用に引用しておきます。詳細は、「07design.blog;;非デザイナーのためのデザイン基本テクニック その1」に公開されています。

デザイナーではない方も趣味でサイトを作っていたり、デザイナーに頼むほどでもない画像を作ったりする機会があると思います。デザイナーはセンスでサクサクと制作するイメージがあるかもしれませんが、実はデザインというものは数々のルールによって成立しています。そのルールの知識があればデザイナーレベルとはいかないものの、見た目がきれいなグラフィックは作れるはずです。デザインという言葉の定義やソフトの使い方から始めてしまうとややこしくなるので、今回はあくまでも「とりあえず見た目をキレイにする」ということに重点を置いて説明します。

上記の前置きを読むだけで、ワクワクさせる内容を期待しちゃいます。そして、ポイントが列記されていて・・・箇条書きにしておきましょう。

  1. まずはラフ:まずは作りたいものの原稿を用意しましょう。
  2. イメージを決める:まずは作りたいもののイメージを確定することからはじめましょう。反対の意味を持つイメージをならべて、どちらに近いかをチェックしていくやり方は、数値的に後述の配色やフォントを決定しやすいので、イメージが固まりやすいです。
  3. イメージからフォントを選ぶ:フォントから伝わるイメージは強いです。フォントは大きく分けて「明朝体」と「ゴシック体」に分類することができます。
  4. イメージからメインカラーを選ぶ:配色はデザインにおいて、とても重要な要素です。大きくわけて、「色相」と「トーン」でイメージが決定します。
  5. イメージから配色を選ぶ:配色を行う際はメインカラー以外にもサブカラー2、3色・アクセントカラー1色くらいを決めておくといいでしょう。

な~ンにも考えていない私には、かなり参考になりますが・・・ただ、色弱の私には、カラー選定には、とっても気を使っています。「背景が白」は、ちょっとまぶしいので、本サイトでは、グレー系にしているんですよね・・・ちょっと偏ったカラー選定かもしれませんね・・・

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *