誰でも一流選手になれる!?


非才非才2先日読了したマシュー・サイド著「非才!あなたの子どもを勝者にする成功の科学」(柏書房:2010年05月)非才3は、内容がスポーツに特化していることもあって、私個人にとってはかなりインパクトがありました。著者のマシュー・サイド氏は、著書の最後に以下のように記述しています。

エリクソンの研究の中心にある革命的な発想は、傑出性が運の良い少数にしか得られないものではなく、ほとんどだれでも実現できるものなのだ、というものだった。私はエリクソンの発想に魅了された。(マシュー・サイド著「非才!あなたの子どもを勝者にする成功の科学」(p.308)より)

これは言い換えれば、「生まれながらに天才というものは存在しない。誰でも経験を積めば、一流になることができるチャンスがある」というものです。上記で登場する「エリクソン」とは、フロリダの心理学者であるアンダース・エリクソンを指し、その道ではかなり著名な方だそうです。

更に、サイド氏は、「アンダース・エリクソンの発想」を広めようとした人達として、以下の方々の名前を挙げています。

  • ジョフ・コルヴィン
  • ダニエル・コイル
  • マルコム・グラッドウェル

あれっ!?マルコム・グラッドウェル・・・昨年、「天才」と題する書籍が評判になって私個人として読了しているな・・・と思い起こして、再度読み始めたところです・・・また、ちょっと古い投稿記事ですが、「防衛省OB太田述正ブログ::天才はつくられる(その1)」に以下の記述がありますので引用しておきましょう。

米国で、昨年、ジョフ・コルヴィン(Geoff Colvin)の“Talent Is Overrated”、またつい最近、ダニエル・コイル(Daniel Coyle)の”The Talent Code”が上梓され、どちらの著者も、天才は生来のものではなくつくられる、と主張しています。

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *