コーチと選手では無くて、師匠と弟子の関係を期待している・・・


選手にとって、コーチの存在はどれ位重要なのでしょうか。「今更何を言っているの!?」と怒られそうですが、最近特にこの疑問が私のなかでは大きいくなっています。選手が(ジュニアの場合は保護者)コーチにテニスの技術的な指導を依頼し、その見返りに金銭を支払う。選手がコーチと相性が合わなければ、その指導依頼を打切り、別のコーチへ依頼する・・・テニス界では当たり前のようにこうした日常があちらこちらで経過する・・・

娘のコーチには、常に最低でも3年間(できれば5年間)、指導を継続して頂きたいことを説明し、更には「勝つこと」だけを目的にしないようにレッスンの担当を依頼します。もっと次元の違う「何か」をコーチに求めているし、「勝つこと」は選手自身の責任だと考えていますから。必要であれば、ボールを打つだけではなく、フットワークだけの練習やミーティングだけの日があっても良い・・・しかし、何回も何回もこうした私の考えは否定されてきました。あるジュニアの保護者は、コーチに「勝てるようになること」を要求するのは当たり前だし、短期間でのレッスンで「勝てるように」ならなければコーチを変えるのは当たり前、との指摘もされたりして・・・しかし、違うんだよな、私が考えていることは。

こうした自分に対する疑問を明確にしてくれるのが内田樹氏なんです。まずは、「内田樹の研究室::ビジネスマンに大学は経営できるのか?」を引用しておきましょう。

知識や技術の伝授という外形的な関係を経由して、「それとは違うこと」を学ぶのが教育である。知識や技術は商品化できる。単位も学位も商品化できる。けれども、「それとは違うこと」は商品化できない。

それは師弟の対面的な関係の中で一回的に生起し、師弟二人のほかに誰もが経験することのできない唯一無二の「出来事」だからである。誰にとってもその有用性や価値がわかっているものだけが「商品」になる。

一方、弟子はその師から「私以外の誰にもその有用性や価値が理解されないもの」を学ぶ。だから、師弟関係で授受されるものは原理的に商品にならない。

正に、私が望んでいること!これまで説明できなかった「選手とコーチの関係」に求めているもの・・・上記では、選手は弟子に相当するし、コーチは師匠に該当する。つまり、私が探しているのは、「選手とコーチの関係」ではなく、「師弟関係」なんだと気が付かされます。

選手は、レッスンの中で、当然テニスの技術や知識を吸収するのですが、そうした時間の流れの中で、「それとは違うこと」に出会う・・・それが何であっても良い。というよりは、選手とコーチ以外には理解できないことを吸収し、それが選手にとってかけがえのないものになるのだろうと考えている私が存在するわけです。そうした関係は、数か月といった短期間では得ることができないはず・・・もっともっと長い時間を掛けて吸収されていくものだろうと感じているわけです。

合わせて読みたいかも・・・

    本投稿記事に関連した公開記事はありません。


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *