「Windows XP Service Pack 2」のサポートが7月14日で終了するらしい・・・


我が家には、4台のコンピュータが稼働しています。家族用(主に妻と次女が使用)、長女専用機(長女は、グラフィック系の作業が多いので、我が家では一番の上位機種を使用)、私専用機(職場から支給されているマシーン)、そして、プリンター用の古いマシーン。全てのマシーンのOS(Operation System::オペレーションシステム)は、言わずと知れた Windows ですが、それぞれにそのバーションが違っています。

家族用は、Windows XP SP 2、長女用は、Windows Vista、私のは Windows XP SP 3、プリンタ用は、Windows 2000ですが・・・この度、マイクロソフトによれば、「Windows XP SP 2 と Windows 2000 のサポートが終了する」ということらしいですね。

詳細は、「@IT::Windows XP Service Pack 2のサポートが7月14日で終了」に掲載されていますが、自分用に引用しておきます。

Windows XP Service Pack 2(SP2)(32bit版)のサポートが2010年7月14日(日本時間)に終了するという(中略)。なお64bit版のWindows XP Professional SP2はこの対象外であり、7月14日以降もサポートは継続される。またWindows 2000はOSそのもののサポートが終了するため、別の新しいWindows OSに移行する必要があるとのことだ。

それにしても、これまではOSは常に最新版をインストロールしていましたが、Windows XP の軽さに魅力があって全く他のOSに移行する気が起きませんでしたから、今回のような「サポート終了」の意味が良く解っていませんでしたが、上記のリンク記事をみると結構深刻ですね・・・

「サポートが終了する」といわれても、普段からマイクロソフトのサポート・サービスを意識して利用していないと、どのような「サポート」が終了するのかよく分からないだろう。Windows OSのService Packのサポート終了とはどのような意味を持ち、どのような影響をユーザーに与えるのだろうか? それらが分からないと当然、対策も決められない。

(中略)

サポートの終了したService Packを使い続けていると、マイクロソフトが提供するほとんどのサポート・サービスが利用できなくなる(サポート技術情報の閲覧などの例外はあるが)。その中でも、最もユーザーに大きな影響を与えるのが、セキュリティ上の脆弱性に対するサポートの終了だ。具体的には、新たに発見された脆弱性に対するお知らせや、脆弱性を解消するセキュリティ・パッチの提供(原則として無償)が挙げられる。

つまり7月15日以降、XP SP2搭載PCでは、新たに脆弱性が見つかっても修正されず、そもそもXP SP2にその脆弱性が該当するかどうかすらも告知されなくなる。例えば、7月15日以降に見つかった新たな脆弱性をウイルスが悪用し始めても、XP SP2では根本的にその原因を解消できず、ウイルス対策ソフトウェアによる防御などで回避するほかない。セキュリティ的に極めて弱い状況に追い込まれてしまうのだ。

本サイトを訪れて下さる方々の多くは、Windows XP ユーザーが大半ので、皆さんはどうやってこれを克服しているのでしょうかね・・・というより、既に Windows XP SP 2 から SP 3 になっていれば問題はないのでしょうけど・・・

合わせて読みたいかも・・・

    本投稿記事に関連した公開記事はありません。


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *