iPhone4 より気になる携帯電話、「docomo PRO series N-08B」


【追記:2010年8月3日】
「CNET Japan::NTTドコモ、フルキーボード搭載「N-08B」を8月6日発売」で確認できますが、いよいよ販売開始なんですね!楽しみですが、もう一方でスマートフォンも気になるところです・・・

【公開時、投稿記事】
cellular_phone_2010私の周囲の方々・・・特にテニス関連の方々には、「iPhone」を使っている方が多いような気がしています。Apple ファンが多いのは解っていますが、なぜかテニス関係者に多いような・・・錯覚かもしれませんが。

最近、発売開始になった「iPhone 4」は、どうやら通信機能に問題があるようですが、私、「iPhone」やスマートフォントか言う分野にはまったく興味がありませんが、「もうちょっと携帯電話で多機能にして欲しいな~」なんて考えていたのですが。

やっぱり!私と同じことを考えている人は多い!?

その証ではないのですが、「約4.6型液晶、フルキーボード搭載」の携帯電話が2010年8月に発売されるようです。それが「docomo PRO series N-08B」(NTT docomo 公式サイトから:リンク、http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/pro/n08b/index.html は削除されているようです)というやつ!そのレビューが「マイコミジャーナル::ドコモ、約4.6型液晶・フルキーボード搭載の「N-08B」発表」掲載されていますので、ちょっと引用しておこう。

NTTドコモは18日、FOMA携帯電話の新製品「docomo PRO series N-08B」(NEC製)を発表した。4.6インチ液晶とキーピッチ12.7mmのフルキーボードを搭載した携帯電話。2010年8月に発売する。

同端末は、約4.6インチフルワイドVGA(854×480ドット)液晶を搭載した2つ折りタイプで、寸法・重量は約80×180×18.1(最厚部:約 18.9)mm・約300g。パンタグラフ構造を採用し、キーピッチ約12.7mm・キーストローク約1.2mmを実現した本格的キーボードを搭載。パソコンと同じ感覚でiモードメール、PCメール、iアプリ、ブラウジングなどが利用できる。また、全角5,000文字まで入力が可能なテキストエディタを搭載。作成したファイルをテキスト形式(.txt)で保存できる。

(中略)

機能面では、Wi-Fi に対応。Wi-Fi接続で送受信最大54Mbpsのパケット通信が利用できる。また、ポータブルゲームなどのWi-Fi 対応機器のアクセスポイントとして利用することもできる。

ちょっと携帯電話としては、大きい感じがするけど、古い人間なので「タッチパネル」よりは「キーボード」が欲しいし・・・1日のメール処理が200通を超えているので、移動中の電車の中や待ち時間なので、携帯電話でメール処理ができると本当に助かります。スマートフォンのようにアプリケーションで遊んだりすることはまったく考えていないから。

もう一つの注目は・・・「NEC社製」というところ。これまで利用してきた携帯電話は全て「Nシリーズ」!つまり「NEC社製」ということで、馴染んでいる感があるから、きっと使いやすいはず!

かなり興味が湧いてくる・・・

【追記】
ウェブページ「ケータイ Watch::本格フルキー搭載、自宅PCが遠隔操作できるiモード機「N-08B」」によれば、本機に関しては以下の通りです。

ノートパソコンに比べるとはるかに小さいが、普通のケータイに比べると大きめのサイズとなっている。フルキーボードによる文字入力のしやすさなど、パソコンに近い機能や使い勝手を特徴としている。通話はスピーカーホンでも可能だが、周囲に音を漏らさないで通話するには、別売りのイヤホンマイクやBluetoothヘッドセットが必要。

(中略)

ディスプレイは4.6インチの854×480ドット、フルワイドVGA。横長表示が標準で、サイズも大きいが、縦横の比率は普通のiモード端末と変わらない。ディスプレイはタッチ操作には対応せず、普通のiモード端末のようにキーで操作するか、もしくは「スティックポインタ」でポインタ操作を行う。

(中略)

キーボードのキーピッチは約12.8mmで、キーストロークは約1.2mm。キーボードはパンタグラフ構造を採用していて、ノートパソコンなどに近いキータッチ感覚となる。ノートパソコンに比べるとキーピッチは狭いが、タッチタイピングも可能なデザインとなっている。

(中略)

文字入力時は、日本のケータイ的な「クリア」の代わりに、パソコン的なバックスペースのキーがあるなど、操作性はパソコンに近くなる。「CTRL+C」でコピーなど、各種ショートカット操作ができる。カタカナ変換をF7(Fnキー+7)などの操作も対応するが、CTRL+Iによるカタカナ変換はできない。また、スマートフォンとしては珍しく、ローマ字入力だけでなく、日本語かな入力にも対応する。日本語変換ソフトはiWnnを搭載する。

N-08Bはスマートフォンではなく、iモード端末なので、iモードのサイトやiモードメールが利用できるほか、着うたフルやiコンシェル、iアプリ、iチャネルなど、各種iモードのサービス・コンテンツに対応する。ただしGPSがないため、オートGPSなどの機能は利用できない。また、 FeliCaも内蔵しないので、おサイフケータイとしても利用できない。メール機能としては、iモードメール以外にも、POP形式のサーバーへのアクセスもできる。

無線LAN機能(Wi-Fi)を搭載し、アクセスポイント経由でインターネットに接続できる。Wi-Fiは最大54Mbpsの IEEE802.11b/gに対応。さらにN-08B自体がWi-Fiアクセスポイントとなり、ゲーム機などのWi-Fi機器から、FOMAのインターネット回線を利用できる。最大4台までのWi-Fi機器を接続可能。N-08Bをアクセスポイントに繋ぐ場合、逆にN-08Bがアクセスポイントとなる場合の両方で、Wi-Fiの簡易設定機能、「らくらく無線スタート」と「AOSS」に対応する。

(中略)

このほか、独自の機能としては、専用のテキストエディタを搭載しており、txt形式で保存できる。全角5000文字まで入力可能で、本体に約3500件が保存可能。

(中略)

Bluetoothを搭載し、3Gによる海外ローミングにも対応する。GPSやおサイフケータイは非搭載。HSDPA/HSUPA搭載で、下り最大7.2Mbps、上り最大5.7MbpsのFOMAハイスピード対応となる。iコンシェルが利用可能で、新サービス「iBodymo」には非対応。ワンセグも内蔵しているが、アンテナは伸縮式となっている。

月間アクセスランキング
2010年
6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
Ranking Ranking Ranking

合わせて読みたいかも・・・


Twitter でコメントを・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

* Copy This Password *

* Type Or Paste Password Here *